脚のケガや疲れ解消が期待できるリカバリーサポートドリンクのアバンド

スポンサーリンク
アバンド身体ケア
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

 

 

エアロビクスやZUMBAなどのエクササイズで、
怖いのがケガです。

特に、脚をケガする人が多く、
筆者の周りで悩んでいます。

ケガを予防する方法はいくつかありますが、
今日は、ケガをした後の回復力アップに効果的な
リカバリードリンクのアバンドを紹介します

 

アバンド

スポンサーリンク

リカバリードリンク|アバンドとは

アバンドとは、どういう製品なのでしょうか。
アメリカの会社が販売している商品です。

特徴となる成分を公式ホームページから引用します。

 

  • HMB1,200mg配合
  • L-グルタミン 7,000mg配合
  • L-アルギニン 7,000mg配合

 

http://products.abbott.co.jp/general/nourishment/abound/ より

では、それぞれの成分について紹介します。

アバンドに含まれているHMBとはどんな成分か

最初に、HMBについて説明します。
HMB はロイシンの体内における代謝産物であり、筋肉におけるたんぱく質合成を誘導する重要な働きをすると想定されている

とありますように、筋肉の合成を促す成分が入っています。

 

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000114399.pdf
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」より

アバンドに含まれているグルタミンとはどんな成分か

次は、グルタミンについて説明します。

運動やトレーニングの後にはグルタミンを補給することが推奨されているが、
グルタミンが運動後の免疫抑制を軽減したり、
グリコーゲンの回復を促進する効果が報告されているためである。
グルタミンは、体内で生成される非必須アミノ酸に分類されますが、
運動後のリカバリーに適した物質です。
さらにグルタミンは、
外科手術後の傷の回復期間を短縮する効果があることも
知られています。少し、専門的な話ですが、Wikipediaから引用です。
腹腔部を手術した際、患者にグルタミンを含む高カロリー輸液を行うと入院の期間が短縮される。 臨床試験によって、グルタミンの投与を含む療法で処置を行うと窒素バランスが向上し、投与を行わなかった場合に比べ、顆粒球におけるシステイニルロイコトリエンの生成やリンパ球の回復、腸の透過率に向上が見られること、また副作用が無いことが明らかにされている

アバンドに含まれているアルギニンとはどんな成分か

アルギニンもアミノ酸の1つです。
アルギニンの効果は、次の通りです。

外傷・褥瘡・感染などの侵襲下においては、充分な補給が望ましいとされる。免疫反応の活性化、細胞増殖を促進し、コラーゲン生成促進などにより、創傷や褥瘡の治癒を促す。
※褥瘡・・・床ずれ
アルギニンもグルタミンと同じように、
傷を治すのを促す役割を持っている事がわかります。

アバンドに含まれている成分は、治療や回復に最適

アバンドに含まれているHMB、グルタミン、アルギニンの3つの成分を整理すると、
筋肉の合成を促し、治療の役割もある栄養素を多く含んでいるという事がわかります。
つまり、治療や回復に最適という訳です。

アバンドを利用して良かった2点とは

次に、アバンドを利用して良かったことを紹介します。

アバンドを利用して良かったことその1|脚の痛みを感じなかった

アバンドを利用してよかったことの1つ目は、
脚の痛みを感じなかったという事です。

エクササイズ中に脚の痛みを感じたレッスンの前に、
アバンドを飲んでから参加してみました。

すると、
今までは、太ももやふくらはぎが悲鳴を上げて
限界寸前だったレッスンでも、
最後までやり遂げることができました。

 

アバンドを利用して良かったことその2|疲れが次の日に残らなくなった

 

アバンドを利用してよかったことの2つ目が、
疲れが次の日に残らなくなったという事です。

疲れたなーと思った日の夜に
アバンドを飲んで眠ったら、次の日に疲れは軽減され、
スッキリ目覚められます。

 

アバンドを利用して良かったことその3|肉離れが早く治る

 

アバンドを利用して良かったことの3つ目は、
筆者ではなくてインストラクターの話ですが、
肉離れをしたときに、治りが早いとのことです。

職業柄、
脚のケガに悩まされているインストラクターが
多くおられますが、
特に、肉離れは長い間レッスンができなくなるので、
避けたいケガのようです。

 

しかし、不幸にも肉離れをしてしまった
インストラクターはアバンドを飲み、早期回復に努めています。

アバンドの欠点

では、アバンドの欠点は、どこにあるでしょう。
それはたった1つ。

値段が高い

という事です。

アバンドは30袋でおよそ11000円です。
1袋300円ちょいですので、確かにいいお値段です。

しかし、ちょっとしたエナジードリンクや栄養剤と同じ値段で、
早いリカバリーが期待できるので、
投資する価値があるのではないでしょか。

 

アバンドの飲み方と飲むタイミングとは

最後に、アバンドの飲み方を説明します。

 

アバンドの飲み方とは

アバンドは粉末のため、袋に入っています。

粉が上についているかもしれませんので、
袋を開ける際は、少し叩いてから開けたほうがいいですよ

 

プロテインシーイカーなどにアバンドの粉末を入れて、
300グラム程度のお水で溶かせば出来上がりです。

 

シェーカーがなければ、
こちらのシェーカーは、いかがですか。

 

一般的なプロテインであれば、
ダマになってしまうものもありますが、
アバンドはしっかり水に溶ける粉末なので、残る事はありません。

 

アバンドをいつ飲むといいのか

では、アバンドをいつ飲むといいのでしょうか。
アバンドを愛飲しているインストラクターに聞いてみたところ、
大きく2つのタイミングありそうです。

 

アバンドを飲むタイミングその1:レッスン前

アバンドを飲むタイミングの1つ目が、レッスン前です。
特に、肉離れやケガのリスクが高い、
高難易度で動きが複雑なレッスンを受ける場合は、
レッスン前に飲むといいそうです。

レッスンの1時間前に飲んでいます。

 

アバンドを飲むタイミングその2:寝る前

アバンドを飲むタイミングの2つ目が寝る前です。
寝ている間に、運動で傷ついた筋肉が修復されたり、
筋肉が新しく作られますので、アバンドを飲むとより効果が高まるとのことです。

 

ケガをしている場合は、レッスン前の夜に飲み、
ボディケアをする場合は、レッスン当日の寝る前に飲むといいですね。

 

終わりに

アバンドは、ストロベリー味とオレンジ味がありますが、
どちらも飲みやすく調整されています。

 

駄菓子屋の粉ジュースみたいな雰囲気ですよ

 

値段はやや高めですが、
エクササイズで疲れが残っている方や、
過去に肉離れなどのケガをして、再発リスクが高い方が、
使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメント