エアロビクス中に、足首をひねったり、脚に痛みが起きたときはどうすべきか

スポンサーリンク
身体ケア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。
スタジオで楽しくエアロビクスを行っている時に、

グキッ

と、足首をひねったり、ふとももやふくらはぎに違和感を感じたりした場合、
どうしていますか。

そのあとのケアを間違えると、
しばらくエアロビクスができなくなる恐れがあるので、
十分気をつけたいですよね。

筆者もよく脚を痛めてしまうので、経験談や調べた事を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

エアロビやランニングマシンなどのスタジオレッスンでよくあるケガとは

エアロビなどのスタジオレッスンでよくあるケガは足回りのケガです。
足を使って激しく動きますので、
足首をひねったり、ふくらはぎやアキレス腱を痛めたりしやすくなります。

 

また、ランニングマシンを使った場合も、同じようなケガをする可能性があります。
さらに、無理して走り続けて、脚がもつれてしまい、
そのまま転倒して、頭や腕などを打撲するということもあるので、
寄り注意が必要です。

筆者もスタジオレッスンをよく受けるので、
筋肉を酷使しやすく、しっかりケアをしていると思っても、痛みが発生する事があります。

せっかく、痩せようと思ったり、健康になろうと思って運動をしているのに、
ケガをするのは、辛いですよね。

 

万が一、足首をひねったり、脚を痛めた場合に何をすべきか

RICEの考え方のもと、すぐにケアをすることが重要

万が一、足首をひねったり、脚を痛めた場合、
すぐに運動をやめて、なるべく患部を動かさないようにして
アイシングをしてください。

スポーツセンターであれば、アイシング用の氷を常備していますので、
周りのスタッフに声をかけるといいでしょう。

アイシングができたら、患部を動かさないように固定を行い、
患部を心臓より高いところに位置する事が大事です。

 

こういった一連の考え方は、RICEと言われています。

RICEとは、

Rest:休息、安静
Ice:アイシング、冷却
Compression:圧迫、圧迫包帯 、止血
Elevation:上げる、患部を高くするの頭文字をとったものです。

少しでも足に違和感を感じたときもケアが必要

エクササイズを行っている最中や、終わった後に、
脚がチクチクしたり、ハリを感じたり、少しでも違和感がある場合、
患部を触ってみてください。

もし、ほかの部分よりも明らかに温かく熱を持っているようなら、
スタッフにお願いして氷でアイシングをするといいでしょう。

氷

氷をもらわない場合でも、
シャワーの温度を一番低くして、違和感が感じる場所に冷水を数分当てて、
熱を抑える手段も大事です。

 

ケガを予防するためにどうしたらいいか

では、ケガや違和感を予防する場合は、どうしたらいいのでしょうか。

運動後はストレッチ

エクササイズをした後は、突然のケガを予防するため、
ストレッチをおススメします。

詳しくはこちらをご覧ください。

スタジオレッスンを受けた後に必ずすべきこと
スタジオレッスンを受けた後、本来であれば必ずすべきことがあるのに、やらない人が多いのが実態。長くレッスンを受けるためにも、何をすべきなのでしょうか。

少しでも気になる場合は、アイシング

ちょっとでも違和感がある場合や、他の部分と異なり明らかに熱を持っている場合は、
上で説明した氷を使ったアイシングや、シャワーで冷やす方法をおススメします。

シャワーで冷やすだけでなく、お湯をかけて冷水をかけてを繰り返し、
血行を良くする手法もOKです。

シャワー

たまには、やさしいマッサージも

痛めやすいときは、筋肉が固くなっている可能性があります。そのため、固くなりすぎるのを防止するため、軽めのマッサージをしてはどうでしょうか。グイグイとツボを押すようなマッサージではなく、手のひらや指でやさしくもみほぐすようなマッサージをする事で、筋肉がほぐれ、ケガがしにくくなりますよ。

 

アバンドを使う

どうしても、早く治したいという場合には、
アバンド(Abound)がおススメです。

アバンド

アバンドは、たんぱく質の機能を効率的にバックアップする3つの成分、「CaHMB」「L-グルタミン」「L-アルギニン」を効率よく補給でき、修復やリカバリーが早くなるといわれています。

フィットネスインストラクターもけがをしたときに、よく使っているそうです。

 

気になる方は下のサイトからどうぞ。

■amaozonから確認する
アバンド オレンジフレーバー 30袋

■楽天から確認する
送料無料 ポイント5倍 アボットジャパン アバンド Abound オレンジフレーバー 24g×30袋 正規販売代理店

おわりに

運動に怪我はつきものですが、症状を軽くしたり、そもそも発生させないようにする事が
大事ですよね。
自分の身体は自分でケアする事で、楽しいエクササイズライフを送ってください。

コメント