エアロビ用ストッキングのCW-Xを購入した理由と履き方を教えます

スポンサーリンク
CW-X身体ケア
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

ダイエットと、身体づくりのために、エアロビクスのレッスンを受けていますが、
最近、スポーツタイツのCW-Xを履くことにしました。
どうしてなのか、その訳をお話します。

スポンサーリンク

スポーツタイツを履くきっかけとは

エアロビクスは、簡単に言うと、音楽に合わせて一定の動きを行う有酸素運動ですが、
レッスンによって難易度が異なります。

筆者は、初級者向けから上級者向けまで幅広いレッスンを受けていますが、
やりすぎて、脚が疲れていました。

ストレッチや睡眠などで、十分にケアしていたつもりですが、
あるレッスンの時に、ふくらはぎを攣ってしまい、
リタイアしてしまったのです。

疲れが十分にとれていないのと、
季節柄寒くなってきたこと(10月の話です)で、筋肉の動きが鈍くなってきたこと、
体内の水分が少なくなっていたことなどが、原因と考えられますが、

エアロビクス参加者のベテランの方に、
身体がしっかり固定され、筋肉を寒さから守ることができるから
スポーツタイツを履いたほうがいいという事をアドバイスしてもらい、
リサーチしました。

 

なぜCW-Xにしたのか

エアロビクスに適した。
男性向けのスポーツタイツはいくつかあります。例えば、スキンズ。

スキンズは、動的段階的着圧という

身体の各部位に適したレベルの着圧を与え、筋肉の振動、怪我のリスク、身体の負担をサポート。試合の連戦や日常的なトレーニングを効果的におこなう
機能が備わったタイツです。
男性のエアロビクス愛好家には人気のブランドですね。

 

 

CW-Xはワコールが1991年に誕生させた、テーピング原理から開発されたスポーツタイツです。

筆者は、足底筋膜炎や肉離れを防止するためテーピングをして、非常に重宝しているのですが、

CW-Xのコンセプトが、テーピング原理を用いているという理由で、CW-Xの「ジェネレーターモデル」を購入しました。

ジェネレーターモデルは、下半身のふくらはぎ、太もも、膝、お尻、股関節をホールドするというCW-Xのハイスペックモデルです。

CW-Xを注文する

ネットで買う場合は、サイズに注意

買う際に悩んだのがサイズです。

一般的な男性のパンツ場合は、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの3種類が定番ですが、CW-XはS、M、Lだけでなく、SB、MY、MB、LY、LBの5サイズもあります。

身長\ウエスト68~7676~8484~9494~104
155~165SSB
165~175MYMMB
175~185LYLLB
185~195LL

 

※CW-Xのサイトより

ちなみに女性は、S、M、Lのほかに、MP、LP、LLP、SR、MT、LT、LLの7種類あります。

身長\ヒップ82~9087~9592~10097~105
146~154SMPLPLLP
154~162SRML
162~170MTLTLL

 

一人一人の身体にあったタイツにするため、
これだけのきめ細かいサイズを用意しているんですね。

 

CW-Xのホームページを見ると、
男性はウェストで女性はヒップでサイズを選択することを薦めていました。

しかし、一番困ったのがウェストのサイズです。

私のウェストサイズが76センチという事。
サイズ表を見るとMとMYのどちらのサイズでもOKです。

 

amazonなどの購入者の声を見ると、
1サイズ小さいほうを選ぶことを勧めていました。

購入者の声から判断すると、MYサイズを買うべきなのでしょうが、
Mサイズを買いました。

 

というのも、
筆者の脚はエアロビクスのおかげで太ももやふくらはぎが人以上に大きいため、
小さいサイズだとキツキツになるからと判断したからです。

amazonで買う場合、返品可能特典が使える

MサイズとMYサイズをどちらにしようか迷っていましたが、
amazonで買った場合、最大30日間返品可能という制度があります。

 

Amazon.co.jp: 試着後の返品・送料無料: ファッション
ファッション の優れたセレクションからオンラインショッピング。

 

そのため、Mサイズを買って、合わなければMYサイズに変更しようと判断しました、

すぐさま、amazonでポチリ。
中1日で到着です。

写真は撮影していないので存在していませんが、
段ボールではなく、封筒タイプにcw-xが入っていました。

 

CW-Xを履く際に気をつけること

封筒を開けてさっそく試し履きをしてみます。
履き方が書かれているタグを見ながら装着です。

一番注意が必用なのは、

膝頭の下部分を、Vデザインに沿うように合わせる

という事です。

この際、膝を少し曲げると、
より正確にフィッティングできます。

最初は、
この位置でいいんだろうか?
と悩みながら履くことになりますが、
少しずつ慣れてくると思います。

CW-X

 

普通のパンツと違って、
スポーツタイツは履くのに苦労しますが、
椅子に座りゆっくり手繰ることで履きやすくなります。

後は、シワがないように伸ばすとOKです。

心配していたサイズについてですけど、
スポーツタイツなので、適度な圧はかかりますが、
ちょうどフィットしているようでした。

CW-Xを利用してみた感想

さっそく、CW-Xを履いてエアロビクスのレッスンを受けたので、その感想を記します。

CW-Xを利用して悪かったところ

やっぱり、一番は「履きづらい」「脱ぎづらい」ということです。

しっかり圧がかかるように、膝の位置を意識しなければならないので、調整が面倒臭いです。

次に、値段がやや高いということです。コンプレッションウェアの中では妥当なお値段ですが、そもそもこの値段を投資するか?という判断をすることになれば、躊躇してしまうかもしれません。

 

履きづらい、もっと手軽にというのであれば、部位別のコンプレッションがありますよ

 

CW-Xを利用してよかったところ

CW-Xを利用してよかったところは、脚がしっかりと守られているので、つったり肉離れを起こす危険性が少なくなったということです。

また、レッスン終了後タイツを脱いだ瞬間に、圧がかかっていた脚の血流が通常に戻ったため、ドバーっと勢いよく身体の中を巡ったように、疲れが残らないのも印象的でした。

 

CW-Xの購入評価

 

amazonに500件以上の星があり、9割以上が4および5の評価でした。

評価内容を一部引用します

 

2回ほど着用し、走った時の感想は、何がいいのかよくわからん、重く感じる、他のメーカーの方が良かったか、など、色々と感じました。しかしその後使用するにつれ、腰から下の痛み、翌日の足腰の疲れなどが、今のところ、多少ではありますが、軽減してるのかな、と感じます。気分なのかもしれません。テレビショッピングみたいな文面になってるかもしれませんが、大きな変化はまだわかりませんが、影響はあるのでは、と感じます。
今まで各スポーツメーカーのサポート機能のないタイツを
着用してましたがCWXにして股擦れがなくなりました。
また今まで20kmあたりから少し足に疲れがきてスピードを出すのが
きつかったのですがCWXでは走っているときに足に疲れを
あまり感じなくなりました。
購入してすぐハーフに参加してタイムを10分更新できました。
この冬から、次男と朝にジョギングとサッカーの練習するのに購入しました。目的は、怪我の予防です。今のところ良い感じです。適度な締付け感も保温も有ります。良く洗濯しますが一流下着メーカーだけに全然痛みません。気に入っています。

 

 

 

低評価は、男性用のCW-Xで前開きがないことと、サイズが合わなかったということに集中していました。

 

サイズが合わないのは論外として、前開きがないのは不便かもしれませんけど、しっかりホールドさせるためには、不要な機能なんでしょうね。

 

 

 

 

おわりに

まだ試して1日目ですが、
スポーツタイツが脚のけが防止に高いという事を実感しました。

普段のケアに追加して、
動きが激しいエアロビクスレッスンについては、
スポーツタイツを活用したいと思います。

 

 

ケガをして長期間、運動出来ないという事では
もったいないので、スポーツタイツの購入を検討している方は、
これを機に購入してはどうでしょうか。

 

 

※写真は、ワコール様のHPからお借りしました。

 

コメント