からだつくり超初心者におすすめのダイエット・エクササイズ法ベスト3とは

スポンサーリンク
スタートからだつくり
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

ダイエットやエクササイズといったからだつくりを始めてもなかなか続かなくてお悩みの方が多いと思います。

でも、安心してください。

ダイエットインストラクターで、18キロのダイエットに成功した筆者が、からだつくりを成功させるために、第一歩として何を行えばいいのか、ベスト3を考えてみました。

え?これだけでいいの?

と思うかもしれませんけど、最初だからこそ、少ない取り組みにしておき、身体を慣らすのが必要なんです。

からだつくりを続けるための方法のご提案をご理解ください。

 

 

 

誰にでも当てはまる100点満点の取り組みではありませんが、多くの人にとって効果が高い取り組みです。

ぜひ、参考にしてください。

 

からだつくりの本当のはじめに取り組むやり方(結論)

からだつくりの習慣を作るために、超簡単な事からスタート
・今、食べている食事量を一律5%削減
・今より10%多く歩く
・ドローイング
スポンサーリンク

からだつくりの慣らし方ベスト3を紹介します

アップデート

第3位:今食べている食事量を5%減らす

糖質制限、ベジファースト、ケトジェニックダイエット、夜寝る前に食べない、朝は食べたほうがいいなど、いろいろな食事の考え方がありますが、からだつくりで体重を減らすためには、

今食べている食事量は明らかに食べ過ぎ

ということを、自覚することが重要です。

俺、そんなに食べてないし

と思う人がいるでしょうけど、実際に、食べているものをノートに書くと、結構な量を食べている事がわかります。(最初からノートに記録するのは、続かないので、やめたほうがいいです)

フレーバー入のミネラルウォーター、飴玉、誰かからもらったビスケットなど、チョコチョコ食べていませんか。

また、飲み会などでは、酔っ払ってしまい、何を食べたかなども記憶にない可能性があります。

そんな時、写真を撮ってください

というアドバイスもありますが、正直面倒くさいですよね・・・・。

そこで、提案したいのが、食べる量を一律5%削減するという事です。

お仕事をしていると、経費削減のために、有無を言わさず、5%や10%カットされる事ありますよね?

そんな感じです。

松屋ややよい軒などに行った場合は、全体の食べる量の5%(およそ1口分)を残す。

飲み会では、最後の1口を後輩にあげる

などして、有無を言わさず、5%食べないようにするんです。

この時のコツとして、

お菓子>炭水化物(米、麺、パンなど)>油モノ(唐揚げ、天ぷらの衣)

の順で5%削減するといいですよ。

 

第2位:今より10%多く歩く

次の考え方は、今より10%多く歩くと言うことです。

ウォーキングをすることで、劇的に痩せたり筋肉がつくと言うことはありませんが、エクササイズの習慣を作る事を目的としています。

単純に、毎日5000歩を歩いていたら、5500歩にする。

10000歩を歩いていたら、11000歩にする。

というルールです。

万歩計を持っていないという人は、スマホの万歩計機能を使ってもいいですし、この際だから、活動量計を買うというのもありですよ。

10%がきつかったら5%でも大丈夫です。

 

第1位・常にドローイングでお腹をへこませる

第1位は、ドローイングです。

ドローイングとは、まず、深呼吸をしてお腹を膨らませた後、息を思いっきり吐きます。

すると、お腹が凹んだ状態になると思います。

その状態を保ったまま、呼吸をする事をいいます。

四六時中、ドローイングで呼吸をするのは大変なので、気がついた時だけでも、ドローイングを取り入れてみてください。

とても、簡単な方法ですが、ドローイングをすることで、インナーマッスルに刺激が入り、脂肪が燃えやすいという研究結果もあるほどです。

 

からだつくりのはじめる時に、取り組むやり方のまとめ

まとめ

では、今回のまとめです。もう一度、結論を載せますね。

からだつくりの本当のはじめに取り組むやり方(結論)

からだつくりの習慣を作るために、超簡単な事からスタート
・今、食べている食事量を一律5%削減
・今より10%多く歩く
・ドローイング

 

ダイエットやエクササイズといった、からだつくりを始める時に大事なのは、「習慣化」です。

そのために、

え?こんなんでいいの??

と思うくらい、簡単でわかりやすい方法から始めることが大事です。

そして、更に重要なのが、取り組んでいる時に、

おー、俺、頑張って続けている

と思う事です。
(女性なら、「私」でしょうか・・・自由に脳内変換してください)

そうすることで、頭の奥底で、あなたをコントロールしている潜在意識も、

こいつ、何か始めたけど、楽しそうにしているし、身体にも大きく影響しないから、ほうっておくか

と判断し、からだつくりを認めてくれます。

 

そして、慣れてきたら、他のやり方を少しずつ取り入れながら、からだつくりの負荷をかけてみてください。

 

 

他にも、いろいろなやり方がありますが、からだつくりラボとしては、この3つをオススメしますよ。

 

 

 

コメント