からだつくりラボが考えるからだつくりとは何か

スポンサーリンク
からだつくり
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

最近、

からだつくりラボってどんな事しているんですか?

からだつくりって、何ですか?

という質問をいただきます。

そこで今回は、

「からだつくり」という言葉の定義についてちゃんと説明しておこうと思いました。

この記事でお伝えしたい内容は、以下の通りです。

・からだつくりとは、生活習慣をとおして、健康で充実した生活を送るための活動

・からだつくりに必要な要素は、体重コントロール・筋トレや運動・睡眠・ストレス耐性の4つ

 

ピンと来た方は、最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

からだつくりは良い人生を送るためのベース

ちょっと大きな話ですけど、あなたにとっての人生ってなんでしょうか?

イラっとしたり、悲しい事があるかもしれませんけど、

家族と一緒に過ごしたり、夢を実現したり、勝手気ままに旅したりと、

あなたが思う人生の過ごし方があると思います。

そして、ベースとなるのが、あなたの身体です。

身体が資本

といいますけど、身体があなたにとっての良い状態でなければ、家族とも過ごせないし、夢もかなわず、旅行へも行けません。

今、あなたの身体は、ベストな状態かもしれませんが、年を取るにつれて、老いや病気があなたを襲い、思うように身体が動かなくなったり、治療が必要になるかもしれません。

そのようなリスクを低くするためにも、からだを良い状態に保つ事が必要であり、

からだつくりが大事なんです。

 

からだつくりの4要素は、体重コントロール・筋トレや有酸素運動・睡眠・ストレス耐性

体重計

次に、からだつくりとは、具体的に何をすればいいのか説明します。

からだつくりラボでは、からだつくりに大事な要素として、

・体重コントロール

・筋トレや運動

・睡眠

・ストレス耐性

があると定義しています。

それぞれについて、見ていきたいと思います。

体重コントロールはいわゆるダイエット

料理

 

からだつくりの最初の要素は体重コントロールです。

平たく言うと、ダイエットです。

ダイエットといえば、体重を減らすのを思い浮かべるでしょうが、

からだつくりラボが考えるダイエットの定義は若干異なります。

それは、

一生に渡って病気から縁遠く、スタイルの良い体型を維持すること

です。

体重を減らせばオッケーではなく、良いスタイルをずーっと保つ事を目指しています。

そのために、気をつけることは3つです。

無理な体重の減らし方をしない

ダイエットといえば、まず最初に体重を減らすことが考えられますけど、その減らし方がキーポイントです。

多くても、1ヶ月に1キロ~2キロの減量におさえるのが、ダイエット成功の秘訣と言われています。

というのも、急激に痩せると身体が現状維持しようとする機能が働き、元の体重に戻す力が働くんです。

また、食べたいものをずーっと我慢するような方法の場合も、食べたい欲求が爆発して、逆に多く食べてしまうのです。

 

こんな反動をくらわないためにも、無理な体重の減らし方はしないようにしてください

食事を大事にする

次に、食事を大事にするという点です。

コツとして2つあります。

・自分のできる範囲で、栄養があり、バランスの良いものを食べる

・腸内環境のことも考える

という事です。

自分のできる範囲で、栄養があり、バランスの良いものを食べる

あなたもご存知と思いますけど、食べ過ぎれば脂肪がたまりますし、食べ方を考えないとかえって太りやすくなったりします。

よく、栄養があり、バランスの良いものを食べるのがいいと言われますが、毎日毎日完璧な食事であるとは限りません。

例えば、飲み会があってお酒を飲む時や、仕事で食事のタイミングがまちまちというようなことがあります。

食事も、完璧さを求めるのではなく、今の状況の中で、いかに100点に近づけられるかという工夫がポイントです。

腸内環境のことも考える

最後に、腸内環境についてです。

腸内環境が、脂肪のコントロールをしているという研究結果もあります。

 

そのため、納豆、こんにゃくといった食物繊維や腸内環境に良い食事や、良質な腸内細菌そのもののヨーグルトなどを積極的に取り入れるといいですよ。

 

筋肉と脂肪の驚くべきパワーとは(NHKスペシャル・人体より)
NHKスペシャル・人体で放送された、最近の研究で明らかになった筋肉と脂肪の仕組みとはどういうものなのでしょうか
内臓脂肪の危険を理解し太らせる腸内細菌を減らす方法とは
内臓脂肪が多い場合の弊害や引き起こされる病気について確認し、太る原因の1つのデブ菌の確認方法や、減らし方について紹介しています。

 

 

筋トレや有酸素運動は、からだの土台作りに欠かせない

エクササイズ

続いての要素は、筋トレや有酸素運動です。

筋トレを行う事で、からだに筋肉がつき、抵抗力が高まります。

また、有酸素運動を行う事で、心肺機能の強化が得られます。

さらに、総合的な効果として、血液循環が良くなり腰痛や肩こりがなくなりますし、考え事に対する答えがよく見つかるようになりました。

そのため、筋トレばかりとか、有酸素運動ばかり行うというのではなく、バランスよく取り組むのがいいでしょう。

筆者も、太っていたころは、運動嫌いでした。

動くのも面倒でしたけど、一度始めると、ハマってしまいました。

どうしてハマったかという事も踏まえ、筋トレや有酸素運動を行う際に大事な3点をお伝えします。

それが、

・あなたにとって、長く続くメニュー

・仲間が作れる

・楽しさとうまくなりたい思いを持ち続ける

です。

1つずつみてみましょう。

 

あなたにとって、長く続くエクササイズメニューを考える

最初は、長く続くエクササイズメニューを考えるということです。

からだつくりに取り組もう、そのために運動をしようと思った時点ではテンションがとても高い状態なので、あれもやろう、これもやろうと、多くの運動を実施しようと考えて今います。

例えば、腹筋50回、腕立て伏せ50回、ランニング10キロというような内容です。

しかし、いざはじめても、辛くてできないと思います。

せっかく、運動しようというテンションになっても、自分には無理だという思いになり、運動する事を諦めてしまいます。

これではもったいないですよね。

そのため、最初は、あなたがクリアできそうなエクササイズメニューを考えることをおススメします。

 

エクササイズをやる仲間を作るようにする

2つ目は、エクササイズをやる仲間を作るようにするということです。

一緒にやる仲間がいるのといないのとでは、エクササイズを続けるために大きく影響するといってもいいくらい大事です。

辛くなった時や、効果が出ないと思った時に仲間がいると励ましてもらったり、飲んで気持ちを紛らわすことも可能です。

また、仲間が持っているエクササイズ知識をシェアしてもらうこともできます。

 

 

エクササイズ仲間は会社などのしがらみは関係ないので、ストレスフリーで付き合えるのがいいですね。

 

楽しさとうまくなりたい思いを持ち続ける

心から楽しいと思えるポイントを見つけるのと、上手にやりたいという気持ちがあると、長くエクササイズを続けられるようになります。

特に楽しい気持ちは、エクササイズでスランプになった時に、復活するにはマストアイテムです。

 

 

人間、楽しかったり、気持ちよかったりするのが高まれば高まるほど、長く続くんですよね

 

 

良質な睡眠が、身体を作る

あなたは、しっかり寝ていますか。

1日に7時間寝たほうが良いと言われています。

睡眠中は、あなたのメンタルや身体の働きをコントロールしている自律神経の調整や、体力の回復、筋肉の増強、記憶の整理など、多くの事がなされています。

さらに、睡眠時間が短いほど太りやすいという研究結果も出ています。

仕事や遊びに忙しいという事もあるでしょうが、遅くとも日付が変わるタイミングでは、寝られるようにしたいですね。

もし、まとまった睡眠時間の確保が難しくても、昼寝や移動中の睡眠なども効果的ですよ。

ストレスを感じる場合、うまくかわす事も大事

最後は、ストレスについてです。

この世の中は、ますます複雑になり、ストレスを多く抱えてしまう構造になっています。

だからといって、現実から逃げることはできないため、うまくストレスを付き合っていくこと、逃げることが求められます。

さらに、ストレスは体重増加に深く関わっているので、特にダイエットをしたい場合は、ストレスと上手に付き合うことが必要です。

そのために、大事なのは

・自分が感じやすいストレスを知る

・ストレスを感じた瞬間を知る

・ストレスを解消する方法を知る

です。

ストレスを知るとはどういうことか

自分が感じやすいストレスを知るというのは、日常のどういう場面や、どういう人からストレスを受けやすいかを意識することを意味してます。

例をあげます。

日常生活の場面でいうと、学校や職場で、スーパーで、満員電車で。。。など。

どういう人からというのは、上司から、パートナーから、近所から。。。など

です。

ストレスを感じた瞬間を知るとは

これは、わかりやすいと思います。

出来事や、相手の言葉など、ストレスを感じた瞬間を意識するという事です。

ストレスの解消方法を知る

最後に、ストレスの解消方法を定義してください。

例えば、カラオケへ行って歌ったり、温泉に入ったり、友達と話をしたりなど、ストレス解消方法があると思います。

大事なのは、ストレス解消方法をすることで、身体がすっきりして、リラックスしているかどうかです。

筋トレや有酸素運動もストレス解消方法の1つなので、取り入れると、からだつくりがより一層できますよ。

一番危険なのは、食べることでストレス解消するという事です。

ストレスは解消できても、余分な脂肪がつき体重が増えるので、逆効果です。

 

さいごに

今回は、からだつくりについてお話させていただきました。

いろいろと、書きましたが、

からだつくりに大事な要素を書かせていただきました。

・からだつくりとは、生活習慣をとおして、健康で充実した生活を送るための活動

・からだつくりに必要な要素は、体重コントロール・筋トレや運動・睡眠・ストレス耐性の4つ

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

コメント