からだつくりのメリット・デメリットとは

スポンサーリンク
メリット・デメリットからだつくり
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

人間って、何らかのメリットが無いと、新しいことにチャレンジしないですよね。

しかも、そのメリットが、今のあなたの環境と比較して、やる価値があるものであれば、重い腰を上げると思います。

そこで、今回は、からだつくり(ダイエット・エクササイズ)のメリットとデメリットを整理しようと思います。

ダイエットに成功し、リバウンド無し4年の筆者が紹介します

からだつくりのメリット(まとめ)

・身体が軽くなる
・仕事でも遊びでも成功するという自信がつく
・無駄なものを買わなくなる
・健康診断の結果が、良くなった
・採血の時、血管が見つかりやすくなった

からだつくりのデメリット(まとめ)

・今まで着ていた服のサイズが合わなくなる
・体型が変わるので、周囲から心配される
・食べ物の好みが変わる
「からだつくり」の意味はこちらをご覧ください。
スポンサーリンク

からだつくりのメリットとその理由

メリット

筋肉がついて減量するので身体が軽くなる

最初のメリットは、

身体が軽くなる

です。

からだつくりをすることで、筋肉がつきます。

筋肉がつくということは、からだの部位1つ1つを動かしやすくなります。

そして、からだつくりをすることで、脂肪が減るので、体重が軽くなります。

重い荷物を持ち運ぶのは大変ですが、軽い荷物を持ち運ぶのは楽ですよね?

 

ということで、

筋肉がつくことで、動きやすい身体になり、

体重が軽いので、更に動きやすくなる。

この2つから、からだつくりをすることで、

身体が軽くなります。

 

実際、太っていた時よりも、姿勢が良くなりましたし、歩く時も軽やかになりました。

 

仕事でも遊びでも成功するという自信がつく

からだつくりの、続いてのメリットは、仕事でも遊びでも成功するという自信がつくということです。

これは、どういう事かと言いますと、

ダイエットやエクササイズをやって、理想なからだつくりをすることは、大変ですよね?

上手く行った背景には、必要な学びがあり、毎日毎日、努力して、うまくいかない時もめげずに頑張ったという苦労だったり、努力が隠れています。

自分でも、そんな頑張りができる事、そして、そういう頑張りを得て、理想のからだつくりができる事を考えれば、仕事や勉強、遊びといった他のことでも、やり方は違うにせよ、成功できるという自信を持てると言うことです。

 

自分のからだつくりを成功した自信を、別の分野でも発揮できるということですね。

 

からだつくりをすることで、無駄なものを買わなくなる

メリットの3つ目が、無駄なものを買わなくなるということです。

減量中は、スーパーやコンビニへ寄っても、ストック用のお菓子や非常食など、太るものは買わなくなりますし、外食しても、別腹のスイーツなどを控えるようになりました。

また、身体に良いものや、減量的にいいものを厳選して買っていると、食べ物以外のものを買う場合も、

「これは、本当に欲しいものなのか?」

「これは、本当に役立つものか?」

という、個人フィルターが入るため、余分な買い物が断然減りました。

 

 

減量中は、1日に食べていい量が決まるので、その中で満足する食事を考えるんで、自然と厳選するクセがつくんですよね

 

健康診断の結果で、医者の経過観察がなくなった

太っていた頃に嫌だったのが健康診断。

体重の増加はもちろんのこと、毎回、毎回、メタボ診断され、血圧や血糖値が要注意だったり、経過観察と診断されていたからです。

しかし、からだつくりを行って、減量に成功してからは、メタボ判定はなくなり、メタボが引き起こしていた検査項目も問題なしとなったのが、嬉しかったです。

 

採血の時、血管が見つかりやすくなった

太っていた頃、採血をしようとすると大変だったのが、腕の血管を探すということです。

腕が脂肪で覆われていたので、血管を探すのが一苦労でした。

そのため、慣れていない看護師さんにあたると、血管とは違う位置に、針を打たれることもしばしば。

しかし、減量し、からだつくりに成功してからは、血管が浮き出た腕になったので、採血も簡単に終わるようになりました。

 

からだつくりのデメリットとその理由

デメリット

 

もう一方、からだつくりのデメリットを整理したいと思います。

 

 

メリットとデメリットを比較すれば、からだつくりの良さを今一度、確認できますね

 

 

今まで着ていた服のサイズが合わなくなる

デメリットの1つめが、「今まで着ていた服のサイズが合わなくなる」ということです。

ダイエット広告なんかで、細い人がウエストの大きなパンツを伸ばして、

これだけ痩せました

的なアピールをしていますが、

からだつくりに成功すると、リアルにできます。

筆者は、ウエストが15センチ細くなりましたから、履くパンツはすべてユルユルになってしまいました。

そのため、多くのパンツを買い直したり、ウエストを詰めてもらったりして、痛い出費です。

 

 

とはいえ、嬉しい出費でした

 

体型が変わるので、周囲から心配される

からだつくりで減量した時、5キロくらいで、周りの噂がチラホラ出始め、10キロ近くなった頃に、痩せたことを突っ込まれるようになりました。

今では笑い話なんですけど、噂が出始めた頃は、

筆者が病気になり、痩せたのではないか?

という話があったようで、筆者重病説が独り歩きしていました。

自分の知らないところで、重病説が流れる。

これも、からだつくりのデメリットですね。

 

食べ物の好みが変わる

からだつくりをすることで、今まで好きだったものをあまり食べなくなったり、逆に食べなかったのを積極的に食べるようになりました。

今まで好きだったもので、あまり食べなくなったものといえば、

・ラーメン

・ケーキ

・天ぷら

です。

逆に、今まであまり食べなかったけど、食べるようになったものといえば

・ブロッコリー

・オクラ

・たまご

・チョコレート

・ナッツ類

でしょうか。

夜に食べると美味しいものや太りやすくなる食べ物を減らし、逆に、からだつくりに大事な食材を多く食べるようになったのが原因と思います。

 

 

からだつくりに成功した今でも、昔のような好みに戻ることはありません。

 

 

まとめ

最後に、からだつくりの、メリットとデメリットのまとめをもう一度みてみましょう。

 

からだつくりのメリット(まとめ)

・身体が軽くなる
・仕事でも遊びでも成功するという自信がつく
・無駄なものを買わなくなる
・健康診断の結果が、良くなった
・採血の時、血管が見つかりやすくなった

からだつくりのデメリット(まとめ)

・今まで着ていた服のサイズが合わなくなる
・体型が変わるので、周囲から心配される
・食べ物の好みが変わる
18キロ減量し、からだつくりに成功しました。

正直、メリットは、いろいろとかけるんですけど、デメリットは思いつくだけでも苦労しました。

からだつくりは、それだけ、メリットがたくさんだと思います。

コメント