ファスティング期間は1日以下。半日プチ断食のやり方と効果とは

スポンサーリンク
食事ダイエット
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。からだつくりラボです。

ダイエットに成功して、3年半近くリバウンドしていないのですが、
最近、食べすぎた日の後、体重が戻りにくくなってきました。
これではリバウンドする可能性が高くなるので、いろいろと調べたところ、プチ断食を試しています。

今回は、途中経過を報告しますね。

 

スポンサーリンク

プチ断食・からだつくりラボ版のルール

からだつくりラボのプチ断食はとても簡単です。
夜ご飯を食べた後、次の食事まで12時間以上空けるだけです。
プチ断食中は、水、炭酸水(0kcal)、紅茶(ストレート)、コーヒー(ブラック)などの制限はありません。

ちょうど、開始時点にツイートしています。

「デトックス」って、間違ってるやん

失礼しました(^^;)

 

平日は、スポーツジムへ通っているので、夕食は23時過ぎ。
そのため、次の食事は11時過ぎとなります。
今まで、寝起きに飲んでいたプロテインは、昼食後に飲むようにしました。

その他、食べる総量はプチ断食前と変わらないのですが、
半月経った時のツイートがこちらです。

年末年始に体重が増えていましたが、
無事にベスト体重範囲(68~69キロ)まで戻ってきました。

そして、1月から2月にかけて、
食べ放題や大盛料理などを食べる機会が多かったので、
今までなら70キロを超える日が続き、
リバウンドへ一直線なのですが、下のツイートになるように、
体重増加は感じませんでした。

 

 

体重や体脂肪率だけでなく、ズボンが緩んできたので、
内臓脂肪が減少していると考えています。

 

プチ断食の科学的根拠

プチ断食の方法は、「トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ」を参考にしました。


↑↑ダイエット方法を論理的・具体的に説明↑↑
↑↑ クリックして詳細をご覧ください! ↑↑

この本に書かれているダイエットの内容は、論文でも証明されている物ばかりで、
なおかつ、筆者自身が取り組んでいるダイエット法とも相まっていることから、
試してみる価値があると考えたからです。

プチ断食の部分を引用します。(プチ断食の事を本文中では、間欠的ファスティングと表現しています)

「間欠的ファスティング」 なら確実にやせられる ─ ─ 医師として断言  
奇抜で、いままでに見たことのないダイエット法を探すのではなく、すでに実証済みの、実績の ある確実な治療法に注目してみよう。人類の歴史のなかでも、ファスティングは最も古くからある治療法のひとつで、地球上のどの文化でも、どの宗教においても慣行とされてきた方法だ。ジェイソン・ファン. トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ [ 株式会社サンマーク出版. Kindle 版.

とあります。
本では24時間~36時間のプチ断食(ファスティング)を推奨しており、
その前後の食事メニュー例も掲載されていますが、
1日の最初の食事から最後の食事の時間を12時間以内に抑えるだけでも、
効果が高いと判断。プチ断食・からだつくりラボ版として実践しています。

なぜプチ断食(間欠的ファスティング)がいいのかは、インシュリン抵抗症に関係していますが、具体的な理由は本文を参照してください。


↑↑ダイエット方法を論理的・具体的に説明↑↑
↑↑ クリックして詳細をご覧ください! ↑↑

終わりに

今まで、朝ごはんを習慣的に食べている方や、
夜遅くに食事をしている方など、一人一人の生活習慣とプチ断食(間欠的ファスティング)が合わないかもしれません。
しかし、本にも書かれていますが、1日の最初の食事から最後の食事までの期間が長ければ長いほど、インシュリン抵抗症になりやすく、太りやすいのだそうです。

再度、本を引用します。

適切な物を食べているだけでは、私たちはまだ肥満という問題の片面にしか対処していないことになる。体重を減らしてそれを維持するには、2段階のプロセスが必要だ。(中略) ダイエットをするとき、 私たちが変えるのはいつも「 食べ物」だ。だが、これでは、もうひとつの要因に私たちは対処できていない。 それは、インスリン抵抗性という長期的な問題だ。これには、「食べるタイミング」がかかわってくる。

ジェイソン・ファン. トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ   株式会社サンマーク出版. Kindle 版.

からだつくりラボも、食物や食べる順番など「食べ物」に注力していましたが、
これでは、半分しか対処できていなかったという訳です。これからは、食べ物と食べるタイミングの両方から、
太りにくい身体つくりについて研究してまいります。
参考にした本に興味のある方はこちらから、注文ください。

↑↑ダイエット方法を論理的・具体的に説明↑↑
↑↑ クリックして詳細をご覧ください! ↑↑

しばらくプチ断食を継続しますので、
また、状況について共有したいと思います。



↑↑ダイエット専門のジムが検索できます↑↑

↑↑クリックして詳細をご覧ください!↑↑

コメント