身体をストレッチするのに効果的なウェーブストレッチリングとは

スポンサーリンク
ウェーブストレッチリング身体ケア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 

エアロビクス、ZUMBAなどのフィットネスや、
マラソン、ジョギングといったエクササイズをした場合、
どうしても脚まわりに負担がかかり、疲れやすくなります。

 

疲れを癒す方法がいくつかありますが、
今日は、その中でも効率よくストレッチができる
ウェーブストレッチリングについて紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

ウェーブストレッチリングとは簡単にストレッチができる商品

まずは、ウェーブリングストレッチについて説明します。

公式サイトによりますと、ウェーブストレッチリングとは、

 

ボディアーチメイクアドバイザーの牧 直弘氏が、
スポーツ、ダンス、武道の経験と機能解剖学、
運動力学など応用して開発したトレーニング機器。

メビウスの輪のようなユニークな形状は、
人間の骨盤・肋骨・足底の様々なアーチをイメージし設計され、
体に各部位にフィットする安全な設計なので、
どなたにでも、簡単に効果的なのストレッチをサポートしてくれます。

 

http://www.wavestretch.com/index.htm より

というリングで、
基本的に安心・安全にストレッチができる商品です。

 

ストレッチをやると、
伸びにくいところがありますけど、
ウェーブストレッチリングを使う事で、
上手くできない部分をフォローしてくれるんです。

 

 

 

ウェーブストレッチリングの種類とは

ウェーブストレッチリングを買うにあたり、
2種類の素材があります。

 

1つがプラスチックでできた商品です。

 

そして、もう1つがけやきの木でできた商品です。

素材がプラスチックの商品は色が豊富です。
イエロー、ブルー、ピンクなど、色鮮やかです。

基本、色の違いで硬さなどに違いはないのですが、
グレープ色は、若干硬いようです。

また、けやきの木でできたストレッチリングは、
プラスチックの違いとして、刺激の強さが異なるようです。
木のしなやかさがあるので、けやき版を購入しました。

 

ウェーブストレッチリングのけやきを使ってみての感想

ウェーブストレッチリングは複数あるとより効果的なストレッチができるようですが、
筆者は、1つのウェーブストレッチリングだけで使っています。

 

使い方は、いくつかあります。

1つ目は、寝そべりながら片足を伸ばし、
伸ばした足の指のウェーブストレッチリングをひっかけ伸ばす方法。

2つ目は、ふくらはぎにウェーブストレッチリングの一部を当てて刺激を与える方法

3つ目は、ウェーブストレッチリングを横にして、足裏(足底筋膜)を刺激する方法です。

他にもたくさんのストレッチ方法がありますけど、
個人的にはこの3つに集約されます。

ちなみに、1つ目のストレッチで、
脚を左右に動かすと、よりストレッチされた感を味わえます。

 

どんなタイミングでストレッチリングを使うとよいか

では、どのタイミングで
ストレッチリングを使うといいのでしょうか。

やはり、運動前や運動後に使うのを
おススメします。

特に、エアロビクスなどの
有酸素運動エクササイズを行った後で、
静的ストレッチとして使うのがいいでしょう。

 

 

今回は、脚を中心に紹介しましたが、
脚だけでなく、肩回りや背中などもストレッチできます。

製品自体、そんなに大きくないため、
持ち運びも可能ですから、ジムにストレッチリングがない場合や、
ランニングの後などでも気軽に使える一品ですよ。

以上、からだつくりラボでした。

 

コメント