「ボディメイクの “やる気スイッチ”をオンにしませんか」ワークショップを開催しました

スポンサーリンク

こんにちは。
2018年9月30日に、「ボディメイクの “やる気スイッチ”をオンにしませんか」ワークショップを開催しましたので、実施報告をいたします。

当日は、台風24号が関東に近づき風雨が心配でしたが影響を受けず、
ワークショップ開催中は、日が差すという奇跡が起きました。
参加いただいた皆様がとても素晴らしかったので、
ワークショップ自体も奇跡の連発でした。

スポンサーリンク

ワークショップの目的とは

今回のワークショップ開催の目的は、
「ダイエットや筋トレなどのボディメイクで一番難しいのが、
モチベーションを維持する事」であり、

自分のボディメイクに対する想いについてフォーカスし、
顕在意識・潜在意識共に、ボディメイクを行う事に納得し、
モチベーションを高めてもらうことに主眼を置いています。

ワークショップやセミナーを受けることで、満足してもらうのではなく、
受けた後でも、続けられるという点を意識しました。

そのため、ダイエットの知識だけではなく、
コーチングのスキルも取り入れました。

ワークショップの内容とは

コーファシリテーション形式で実施したのが特徴的

今回のワークショップは、コーファシリテーション形式で行いました。
コーファシリテーション形式とは、2人のファシリテーターが
場をけん引していくやり方です。

一人が説明役の場合、もう一人が質問役になったり、
ボケとツッコミを行ったりと、臨機応変に対応します。

こうする事で、参加者にとってより深く学ぶことができる
効果を持っています。

対話中心の構成も特徴的

次に、対話中心の構成というお話をします。
今回のワークショップの目的に、

自分のボディメイクに対する想いについてフォーカスする

事があるように、基本的に自分自身の考えに焦点を当てて
いきます。

その際、自分ひとりでは、本人の考えをうまく引き出せない事があるので、
対話形式を取り入れることで、相手に抽出してもらう事を
狙っています。

対話形式のやり方として2パターンあります。
1つ目は、パートナーとなる別の参加者が聞き役となり、
あるテーマについて話をするという事です。

今回は、「自慢」をテーマにしました。

もう1つのパターンは、カードとの対話です。
Point of YouⓇの認定トレーナーでもあるパートナーのRIEさんが、
コーチングゲームというツールを用意してくださいました。

写真に文字が書かれているカードですが、
自分の意識をカードに向けることで、
今まで気づいていなかったことや忘れていた想いなどに
到達する事ができるのです。

商品 – コーチングをカードで楽しみながら学ぶ、活かす、育てる – Points of You Japan

対話の中盤からは、参加者同士が打ち解けあい、
笑う回数も増えてきましたよ。

何をやるか宣言してもらう

自分が大事にしている想いや、忘れていた考え方に再会した参加者は、
最後に、自分にとって続けることと止めることを宣言していただきました。

ちょっとした儀式をやってもらうのですが、
ハイタッチ、拍手、ハグ なんでも有りのラストは、
想定以上の盛り上がりでした。

ワークショップを終えて

今回、「ボディメイクの “やる気スイッチ”をオンにしませんか」ワークショップを開催しましたが、
主催者自信が学ぶことも多々ありました。

 

それは、進行だったり、投げかける設問だったり、ワークショップ自体の品質もありますが、

 

今回改めて学んだのは、参加者一人一人の素晴らしい個性を
引き出すことで、場全体がかけがえのない、明るい状況になるという事です。

 

冒頭でもお話しましたけど、
今にも雨が降りそうな天気だったのですが、
ワークショップ中は、何度も太陽が差し込めて、
台風が近づいているという事を忘れさせるほどでした。

 

参加した5名の皆様。

今回のワークショップで学びそして気づいた、
自分自身の大事にしている事と、そのために何をするかという事について、
是非、何かあるたびに思い出し、さらに素晴らしい人生を贈ってください。

本当にありがとうございました!

 

 

近い将来、第2回目を開催する予定ですので、
興味がある方は問合せフォームに連絡ください。
開催が決定したら、個別にアナウンスいたします

 

 

コメント