ダイエット成功に最も重要な「気持ち」を愛するために必要な事とは

スポンサーリンク
からだつくりラボ・モチベーションダイエット
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

世の中に溢れているダイエット情報、本当にうんざりしませんか。
~ダイエットを通して健康で幸せな人生を送りたいあなたへ~

 

こんにちは。からだつくりラボ(@karadatsukurila)です

 

今日は、ダイエットで最も重要な事をお話させていただきたいと思います。

ダイエット知識ばかり豊富でも、毎日やみくもにエクササイズしていても、この大事な要素に比べたら小さいものです。

一体どういうことなのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット知識は豊富でも健康に悪い事ばかりしてしまう現実

ダイエット情報に溢れすぎている世の中に正直うんざり

テレビでは、あの方法がいい、こっちの方法が効果的というように、いつでもダイエットや健康の話題ばかり。

 

雑誌やネットも1ヶ月で20キロ痩せました! このサプリが効きますという記事にあふれていて、どこもかしこも煽ってきます。

 

しかし、糖質制限がいいと言われて、大好きな麺類を我慢していたら、いつの間にか糖質制限は体に悪いと言われるようになったり、ある食材がいいからと一生懸命食べていたら、違う食材のほうが効果的ですと言われたり、正直、何やねんと思いませんか。

 

毎日毎日、あれが良いこれが良いという、溢れた情報に触れる事で、なんだか疲れてしまって、ダイエットなんてもういい加減にしてほしいというのが本音じゃないでしょうか。

健康の大切さは理解しているけど、健康に悪いことをしてしまう


あなたは、健康の重要性について知っていると思います。

人は、勉強したり働いたり、誰かを恋したり、仲間と一緒に遊んだりすることで、人生に満足したり、充実します。そのために、一生懸命生きているのではないでしょうか。

 

その中でも健康は、あなたの人生を豊かにしてくれるものの1つです。

仮に、もしも不健康な状態であれば、あなたの夢や理想を叶えるのは無理ゲーということをわかっていると思います。


しかし、あなたは、時には、夜更かしをしたり、お腹いっぱいになるほどケーキやスイーツを食べたり、記憶がなくなるほどお酒を浴びるように飲むといった行動を取ります。


明らかに健康から程遠いとわかっているのにです。

ということは、あなたの頭の中では、健康というのはとても重要だと理解しているけど、その一方で、不健康と思われる行動も許しているのです。

からだつくりラボ・モチベーション

ダイエットを続けたくても続けられない自分がいる

人は、ダイエットを始める時に、ダイエットを止めようと考える

健康になるというと真っ先に思いつくのが、適正な体重と体脂肪ではないでしょうか。

いわゆる、ダイエットです。


しかし、ダイエットをしても、3年で50%、9年で90%がリバウンドするというデータもあるくらいですから、ダイエットは相当難しいのです。

 

例えば、お腹が少し出てきたり、つまめる脂肪が気になるからといって、ダイエットに励もうと決めたとします。

痩せるためには、今まで食べていた食事量を減らしたり、ジョギングや筋トレなどのエクササイズを頑張ろうと考えます。

ここで、脳は大きな反応を示します。


「自分は体重を減らそうとしている。これは、生命の危機につながるから、ダイエットをやめさせよう」

という指令を出すのです。

ダイエットをやろうと思うあなたと、ダイエットを止めるあなた。

あなたの中に、違うあなたが存在しているのです。

脳が、ダイエットは異常と判断し、温度調節するように意識を調整する


あなたの中に、違うあなたか存在しているというのは、どういう事かについて説明します。

人間の脳は、人間らしく思考する脳(大脳新皮質)と、本能を司る脳(大脳辺縁系)とに分かれています。

そして、大脳新皮質で判断したことが大脳辺縁系のフィルタリングで審査され、本能的にヤバイ思考であれば、その思考はないものと考え方をすり替えるのです。

つまり、太ってきたから痩せようと人間らしい考え方をしても、「痩せることは命の危険である」と、本能が判断し、ダイエットを中止させるよう仕向けるのです。

太古のころ、食料事情が安定していなかったため、食べられるときに食料を食べようという考え方や、脂肪を蓄積しようというメカニズムが、ずっと働いているためでもあります。

つまり、本能がダイエットする事を全力で阻止するので、例えば暴飲暴食といったような無謀な行動に出たり、飽きたとか面倒くさいと思う様になり、運動をやめるといった行動をしてしまうのです。

よく、ダイエットを途中で挫折すると、意思が足りないと言われますが、意思が足りないわけではないのです。

本能があなたの行動をブロックしているのです。

本能はそれだけ、力強いのです。

ダイエットをするために、本能に勝つために生命維持とは別の本能を味方する

脳が、ダイエットを生命の危機と判断されないようにするために、感情を使う

世の中を見ると、ダイエットに成功した人がたくさんいます。


ダイエットに成功した人に、成功の秘訣を尋ねると、適切な食べ物や運動をすることですというのが大半だと思います。

しかし、それだけではないのです。


最も重要なのが、「本能を説得」するということです。

ダイエット成功者は、意識的、無意識的にこの説得に成功したのです。

 

具体的に、どうすれば良いのでしょうか。

ダイエットは、本能的には生命の危機と判断します。太古の時代は狩りに失敗し、食事ができない事で体重が減少し、それが死につながっていました。

そのため、生き延びるためには体重を減らさないようにすることが望ましいと、体に刻まれています。

ということで、目には目をではありませんが、本能に対抗するためには、本能を使うのです。

具体的にはどうすればいいのでしょう?

 

生きることをつかさどる本能以外に、感情もあります。

そうです。

感情である喜怒哀楽の「楽」とダイエットを結びつけるのです。

つまり、体重が減るのは生命の危険というけど、実はとっても楽しいことなんだよと、本能を説得させるのです。

感情を確認するためのワークを行ってみる

 

今から、「楽しい事」に関する、ちょっとしたワークをやってみましょう。

準備はよろしいでしょうか。

 

あなたが、今までで一番ハマっていた事、今ハマっている事を振り返ってみてください。

そして、なぜハマったのか、ハマってからどんな行動をとったのかを、思い出してください。

 

例えば、好きなアイドルにハマった話。

マイブームの料理。

恋人。

などなど、ハマった対象は、人によって異なっていると思います。

どうですか。

ハマったものとの記憶が、バーッと蘇ってきましたか?

 

なかなか、ハマった事を思い出せないという方もいるでしょうから、ハマったときの特徴を整理ましょう。

(1)ハマった対象しか考えられなくなる

例えば、片思いの人のことばっかり考える、趣味だったら体験したことを思い出したりし ますよね


(2)ハマった対象についてもっと深く知ろうと思う

好きな人だったら、どんな好みなのかや、休みの日の過ごし方など気になりますし、趣味だったらうまくなるためにどうしたらいいかを考えると思います。

 

(3)優先度が高まる

なにかにハマってしまうと、その事を一番に考えませんか?

いかがでしたか。

思い出せましたか。

 

何かにハマった時の気持ちをダイエットに応用する

そして、ハマっている気持ちをダイエットに応用するんです。

ダイエットをしようと考えている人や、ダイエットしている人に確認します。

あなたは、ダイエットにハマってますか。

例えば、会社で配られた出張土産のお菓子を、なんの違和感もなく食べていませんか?

デザートは別腹、カレーは0キロカロリーと言いながら、たくさん食べていませんか?

今日は本気でないから、明日から運動すると思っていませんか?

ダイエットにハマっていたら、こういう事ことはしないですよね?

ダイエットにハマるという事は、朝から晩まで、ダイエットについて考えている状態が続いている事です。

そうであれば、お土産、別腹、明日から本気出すなんて、いう発想にはならないですよね?

 

ちなみに、私は、このことを、ダイエットを愛しているとよんでいます。

 

愛しているとは、対象を気にかけるということです。

つまり、朝起きてから夜寝るまで、自分の行動がダイエット的にいいのか悪いのか考えている状態です。

そして、うまくいかなかったときは、どうすれば改善するのかを分析します。

また、うまくいったときは、どこが良かったのかという反省をしながら生活するということです。

そして、一番大事なのは、こういう振り返りを、誰かの指図を受けるのではなく、自分の判断を重要視していると いうことです。

 

ダイエットを愛することができれば、

・ダイエットについてずっと考えている
自分の行動がダイエットに良いのか悪いのかという判断基準ができる。

・ダイエットについてもっと深く知ろうと思う
自分にとって有益な情報を主体的に探し、獲得しようとする (テレビなどの一時的な情報に流されない)

・ダイエットに対する優先度が高まる
休むにしても、大食いするにしても、自分のダイエットに関する世界観を基準とするので、主体的な判断が可能となり、納得ある理由をもって行動する

ということが可能になります。

 

あなたは、そこまでダイエットに対して愛を注いでいるでしょうか。

 

ダイエットの愛し方を学ぶためにはどうすればいいか

ダイエットを愛して、本能を納得させるというやり方は理解頂いたと思いますが、いざ自分で実践しようとすると、なかなか難しいと思います。

どうしてかというと、ダイエットを成功させるために、本能を上手くコントロールするための訓練が必要だからです。

 

 

ここで、私達、からだつくりラボの出番です。

 

からだつくりラボでは、からだつくりモチベータとして、ダイエットを愛する方法について ワークショップ形式もしくは個別対応にて、指導いたします。


また、ダイエットを愛する方法だけでなく、具体的なダイエット方法や、食事・エクササイズの具体例、エクササイズのインストラクター紹介まで、あなたのダイエット愛を成就させるアクションプランまでコンサルいたします。

現時点(19年6月)では、ダイエットを始めた人向けに、ダイエットが継続するようにサポートするLINEサービスを開催しています。

無料モニター募集中ですので、ぜひご利用ください。
(無料モニター終了後も月数百円で提供予定)

からだつくりラボ モチベーション ダイエット

 

こちらをタップ/クリックしても登録できますよ。

もし、質問がありましたら、LINE@までお気軽にどうぞ。

友だち追加

 

 

からだつくりラボでは、メンタルコーチでかつダイエットインストラクターなトレーナーがダイエットモチベーターとして、あなたのダイエット成功を支援いたします。

あなたは、ダイエット知識は十分に持っています。

後は、始めようとする思いと続ける気持ちのために、モチベーションを高め、ダイエットに愛するという事です。

からだつくりラボでは、そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

ジムに通うのが面倒くさいと思う方は、動画でフィットネスはいかがでしょうか。

 

コメント